×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



eye-kugenuma- 2007.6.

そうさ…道化過ぎし夜が明けた朝のシャツと俺

ほかに誰もいないくせに やけに荒れたシーツで目をさます

つぶれ煙草に火を灯す覚えのない店のマッチ

かな書き女の名前は 昔…惚れたおまえと同じだった…苦笑い
千鳥足跡…あぶく道

日が出りゃはじけ…消えるから

おまえどころか…あの店にも帰れない

小銭…こぼれる服脱げば 鏡でさえ嫌がる俺

背中爪痕ひとつないくせに やけに沁みるシャワーで目をさます

蛇口…口つけ水を飲む 薄れていく昨日の酒

忘れてあげましょ おまえのことも なんていい様だな俺…苦笑い
千鳥足跡…あぶく道

日が出りゃはじけ…消えるから

おまえどころか…あの店にも帰れない

千鳥足跡…あぶく道

日が出りゃはじけ…消えるから

おまえどころか…あの店にも帰れない

Myミクのまさ隊長は、いいオトコです。
夜な夜な遊んでると、PC越しに時々おもしろかったり、
酔っ払って訳のわからないことをいいますww

この前も何を思ったのか…Stickam.のチャット越しに・・・

「俺様のために歌をつくれ!」

〜(@_@;)〜ホヨヨヨヨヨヨwww

ほかでもない隊長だから、まぁいっか…w
と思っていれば…一夜明ければ…

----
まぁ 酔っ払ってたせいにするわけにいかんけど、
気持ちよかっただよ〜 言ってみると。

大事に歌わせていただきます。
ですから・・・・・・。






作れ!!

----

酔っぱと反省とこころづかい…隊長らしすぎて〜ww
やっぱり作ることにしました(^^ゞ

おでは、飲んだ次の朝…反省する程、飲みませんよww
でもでも、隊長には、イテテテ!と反省する朝があって欲しい…
いやいや、ないわけがないwww

なんてキタイをこめて、書き下ろした・・・こきおろした?唄です。(^^ゞ


eye.のオリジナルです。
こんなことあったな〜
なんて感じてもらえる唄があったらいいな〜なんて思ってます。
オリジナルの著作権は、私eye-kugenuma-にあります。ご注意ください。
女性・・・詠み人知らず・・・この唄への返歌をいただきました。

「日々の泡」

ひとつ 一夜のうたかたが
ふたつ 深みに はまって溶けた


目が覚めて伸ばした右手が宙を舞う
ついに出ていったか あのダメ男
もっと暖かいおひさまの昇るところへ行くんだろう

部屋のスミのゴミ箱に入れ損なった
マルボロの空き箱と煙草の匂いだけ残して
好きだったブルース あんたの歌ももう聴くことはない

うたかたの恋だったけど
あたしは幸せだったから それでよかった

かなしいよ
のどの奥が名前を呼ぼうと熱くただれる

好きだったブルース あんたの歌ももう聴くことはない

うたかたの恋だったけど
あんたは幸せだったのか 教えてちょうだい


よっつ よしなしあぶく話
いつつ いつかは ほどけて消える

マスターのおうたに戻る Return to HOME..